読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

監視されているページ

起こったことが登場しない、脳内環境の日記です。

思ってることを忘れていくのが怖い

考えてることに時間を費やしているけど書き留めて置かないと考えたことっていうのはすぐにどっか消えてしまう

時間を費やすってのは命を使うってことだ

進学でも就職でもなんでもいいけどわかりやすいターニングポイントで「人生で重要なことはちゃんと考えろ」って言ってくる人がいるけど

うるせぇよ、元々人間一個の人生にたいした価値なんかないんだよ、死ねよ、雑魚がよ

お前が死んだって誰も困んねぇよ、周囲の人間に少しの困惑と悲哀をもたらすだけだせいぜいな

キライな人間なんていないって心底思ってるけど本当にその通りで、キライじゃなくて軽蔑してんだよ

弱いヤツを

弱いヤツってのは強いヤツのリソース食って生きてんのにそのことに感謝もしないで弱いヤツであることを受け入れてそのままボーっとした面で佇んでる、もうこんなの軽蔑しないでどうなるよ?しかもよ、弱いってことを公言するってのは降りるってことで、その安全圏から弱いヤツは自分の弱さを理由に戦ってる人間に不平を押し付けるから本当に目障りだ

心底軽蔑してるよ

軽蔑してるけど、キライじゃないんだ・・・・・・それでつい優しくしてしまうこともある

ていうか雑魚の気持ちなんてどうだっていいし、それなら優しくするっていうコマンドでさまざまなことを円滑にして何が悪い?

とにかくこっちは命を無駄にしたくないんだ、雑魚が障害となって立ちふさがってる、その障害を取り除く手段が今の私には「優しくする」しか思いつかないだけなんだ

もっと頼むから傷つくことに慣れてくれなきゃ困る、鈍感になれっていってるんじゃない、傷ついてそこから回復するっていうことにもっと意欲を見せてくれないと邪魔で仕方ない

もうねそんな人ばっかりでうんざりしてたから何か言われても「天才なんでほっといてください」って態度とってたし実際そう発言してたけど、疲れるよ・・・・・・自分が天才じゃないのなんて自分が一番よく分かってる・・・・・・ただ、放っておいてほしいだけ・・・・・・何も言われたくないだけ・・・・・・でも虚勢を張ることに疲れたんだよ

逃げなんだけど、自分のレベルが20だとしてレベル1のスライムと戦うことに時間を費やしたくない、そんな逃げだから傷つくのが怖いわけじゃないんだ、ただ不当に時間を奪われることが本当に怖い

そう、放っておいてほしいよ でも構ってほしい人には分かってほしいんだ で、誰に分かってもらいたいのかをまだ分かってないんだ

良い悪いとかじゃなくて私がいなかったらこの世に存在しなかったものをなるべく多く作りたいという気持ちだけで生きてる、誰かに好かれたいとか嫌われたいとかぜんぜんそんなのどうだっていいよ、だって私のための文章も漫画も音楽も探してるけどそんなにたくさん見つからないんだ・・・・・・自分の性質について内省しつくしてきたけど結論が言葉にならないんだ・・・・・・言葉はある程度まで思考をコントロールするけれど所詮人間がつくった道具で、人間が人間のことを理解できるなんて思い上がってはいけない、だから自分の性質について○○だと明言することは避けたい、明言すれば理解を示してくれる人だっているだろうけど鼻から理解なんてされたくないんだから

言葉にしてしまうことで失われる広範な領域の価値を無視できるほど「大人」じゃないんだよ