監視されているページ

起こったことが登場しない、脳内環境の日記です。

タイトルなんてないでしょ

なんでもそうなんだけどタイトルって難しいよね。

ドンっとこなきゃいけないし、かといって嘘もつけないしさ

タイトルっていうかネーミングね

 

●漫画制作

漫画を継続的に描き始める気になったのは2016年の年末辺りで、理由は焦ってるから

多分このままだとボーっとしてるうちに死ぬし、今まで考えてきたことを言えないまんま死ぬの癪じゃない?幼稚園児のときから死ぬことを考えてビビッてたしどんだけ死ぬの嫌なんだって話だよ

でまあ作曲をはじめてやったときも思ったけど最初半年くらいキツイね、全然出来ないし

元々絵を描くのは結構好きだったけどそれは自由に線と色を置いていい状況に限る

漫画はずっと考えていかなきゃいけないからそれがキツイ 全然描けないしさ

 

・三幕構成を知る 

そもそも構成を考えずにやってたのは脳筋の発想だ

で、構成も内部と外部にあるから注意しないといけない

・描きたいものを決める

散漫になりすぎる、自分のやりたいことって案外わかってないもんだよねえ

テーマは意識してたけど、シーンは最近気になるようになった

やっぱり言語が先走っていて視覚を操作するのは苦手

 

バン

バンドねーどうするかね

とりあえず私はバンドに限らず自分の言いたいことを言うのが第一

で、そのエゴで人を捻じ伏せられたら完璧

自分ひとりならそれでいいんだけどさ

 

●文章

ちょいちょい書いててペース的には悪くないと思う

ただエンタメ性みたいなものが足りないんだよね

というかストーリーがないのか?

せっかくやるなら面白いもんを作りたいよ

ジャンル的には純文学に入るんだろうけどもっと滑稽にしていきたいよね

とにかくこのジャンルは「それでいいのか?」って感じのが評価されちゃったりする、それはそれで愉快だけどさ

 

最近かなり普通になってきた

自分の中で奇をてらわないというか、素直といえばいいのか

だけどまだ駄目なんだよねえ、どうしても正統なものに流されそうになる

「お前は良いやつだけど、恥とか外面とかいうものが抜け落ちている」って評価されたけど分かるなあ

その感覚がないのに感覚がある風を装ってるから、妙な世間体なんだよな

やめます(そこに割くほどのリソースが自分にはないことに気づいた)