監視されているページ

起こったことが登場しない、脳内環境の日記です。

8/11と8/20の反省

8/11

パンパスグミというローファイ宅録バンドの初ライブです

私が友人を頑張って呼び、20人くらい来てくださったおかげでノルマ達成できてよかったです

www.youtube.com

普段はこうやって録音していますが

www.youtube.com

これでライブをやる

 

次やるときはドラムを前に出します

あとMCも基本的には全部私でやることにしました、諸連絡とか・・・・・・

 

 

パンパスグミは宅録バンドと標榜していました

理由は、私があんまりライブというものに興味が無いからです

家で1人で聴いてればいいと思う

もちろん「ライブはやはり良い、バンドのライブは最高であり全バンドがライブをすべきだ」となることもある

でもワンマンとかだといくら好きなバンドでも3時間も立って見てると、途中で「そろそろ帰ろうかな・・・・・・」みたいなのもある、難しい

 

なぜライブをやったのかというと、ベースの人がまた入ってくれたからです

とりあえずやってみようみたいな

とても楽しかったです

でも意味があるかどうかはイマイチ分かりませんでした

もっと良い演奏がしたいのでリベンジという意味ではやりたい

他の人に聴いてもらうことで楽しいとか嬉しいとかは特になかった

緊張したか聞いてくる人もいたのですが「緊張とは?」という気分になって「緊張したね~」と返しておくけどすぐにダンスするから「それは嘘じゃないか?」と言われてしまうこともあった

緊張というのは高度なものでまだ身についてる実感がありません・・・・・・

 

完全に自分の演奏に集中していたので終始「次の歌詞はこれで、このサビが終わったら次はギターソロがあって、こういうフィルを叩いてまたAメロが来て」というように自分に追われている状態でした

そういう演奏をギターとベースの人にも心がけて欲しいものです、彼らの悪い点として演奏技術が高いために追われていないという点があります、もちろん高い演奏技術を持っていることは良いことなのですがそれとこれとは別問題です、もしそれが難しいなら例えば人差し指と中指と薬指をガムテープでとめるとか、なんかハンデでもあれば余裕がなくなって良い演奏になるんじゃないかと思います、そんなことしなくても自分にノルマを課せば追われることは簡単です、例えば一音鳴らしたらその次の一音はもっとアタックを強くするとかそういうやつです、ギリギリの演奏をすることで音は内面的な歪みを帯び切なくなると言うのが持論です、この思想は銀杏BOYZを聴くことで培われ「ガセネタの荒野」を読むことで私の中に確固たるものとして存在するようになりました

もしかすると偏った思想の恐れがあるので、いずれ矯正されてしまうかもしれません

とにかく他人が聴くことを重要視しない人間がライブをやる意味は?というのが課題で、もう少し考える必要があります

でもライブ自体は高揚感があったので楽しい、闘牛のようなものです、マタドーラと牛を一人二役でやるようなものです、しかし私は年齢に伴った闘牛体験をしていないのですが・・・・・・

 

8/20

コミティアに出展しました、かなり楽しかったです

漫画を描き始めて9ヵ月くらい経っていることになりますがまだ納得いくように描けません・・・・・・漫画はめちゃくちゃ難しい

あとゲームだけしている期間が10日ぐらいあって、二日前になってすごく焦ってました

スケジュールをしっかりしていきます

だいぶ気づいたことがあったのでとても良かったです

実際に完成させて印刷させて売る、というところまでやると、ただ描いてるだけとは全然違いました

まず漫画のテーマですが、今後はあからさまに面倒な人をメインに置くのはやめます

なぜなら難しいからです

そもそもなんで面倒な人を描いていたかと言うと周りにそういう人が多いからですが、別にわざわざ描かなくてもいいと思い直しました

次に作画ですが、自分がいつも絵を描いている方法でやればいいということになりました

丸ペンの使い方を練習するなどの案もありましたが、難しいのでやめます

ちなみに今まで取った方法は

・クリスタで全部描く

・マジックでペン入れをしてスキャン後、コマ枠・台詞・トーンをクリスタで入れる

でした、今後は

・色鉛筆で下書きしてシャーペンでペン入れしてスキャン後、コマ枠・台詞を入れ、印刷し、色鉛筆でトーンを塗り、スキャンして合成する

にしようと思います(これの左です)

f:id:akochspanpasgumi:20170822001645j:plain

これで1P3時間くらいで満足いく作画が出来るのではないかと思います

でもキャラクターはもしかするとトーンを塗りつぶしたほうが出来がいいかもしれません、速さは色鉛筆のほうが速い

 

コミティアで一番嬉しかったのは他の人の本が買えたことです

準備不足で、欲しい本のあるブースをチェックしきれてなかったのがとても悔やまれる・・・・・・

昼過ぎに回ったら完売してたのもありました・・・・・・

 

私たちの本はコピー本の癖に500円と自分でも「高いな~」と思ってましたが計算したら1冊あたり印刷に300円かかってるので、しょうがないか・・・・・・となりました

次回は絶対入稿して作ります

 

本屋で売ってる漫画本は300ページくらいあって500円以下で買えるものがほとんどなのにコミティアでたくさんの売買が行われてるのはすごい

普段だったらやはりお金もないので悩むところを、お祭り感が楽しく、わっしょいに突入します

あと描いてる人が楽しいのでやってますというのが伝わってくる、買った本全部とても面白い

感情移入できるキャラクターが出ているというのも良いですが、描いてる人に感情移入できるというのも良いことだと思いました

今までそんなことは特に考えていなかったので気づけてよかったです

半年後ぐらいにまた参加したい